So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
drive&travel ブログトップ
前の10件 | -

秋の河口湖ドライブと美術館めぐり [drive&travel]

今須智哉ステンドグラス展示会2013|オルゴールの森美術館

アトリエ・イマスの今須智哉先生のステンドグラス展示会が
富士山の麓、河口湖湖畔にあるオルゴールの森美術館で行われているので、
行ってみよう♪ってことでこの三連休に行ってきました。

オルゴールの森美術館より富士山を望む

あいにくの曇りで富士山には傘雲がかかってたんですが、
オルゴールの森美術館、建物やお庭のレイアウトが小さな異国で凝ってる〜^^)

っていうか、肝心の今須先生の作品は撮影不可(※一番下に追記あり)やったので、
ご紹介出来ないのですけどっ(T_T)!! 行ってよかったーーーーっっ(≧∀≦)!!
というのもですね、

ススキと富士山

河口湖に向かう道すがら、雄大な富士山の景色を車窓に見ていくわけです。
やっぱ、なんでもライブは最高ですね、目のあたりにする景色の壮大さ、
絵やTVの映像じゃない姿は、ここはこの角度やったんかー!とか、
裾野の広がりはこんな感じなのかー!と、感動ひとしお。
その感動を持ったまま、今須先生のステンドグラス展示会で、
富士山をモチーフにしたステンドグラスランプを見たので、重ねて感動ひとしお!
わあー!!!って思わず声でました^^;)

上のパンフレットも写真なので、こじんまりおさまってるんですけど、
実際に光を灯した富士山のステンドグラスランプを見ると、感動!
大きな鏡の前に置いてあるんですが、映り込んだブルーから白のグラデーションが
とっても綺麗!!

窓から差し込む光を取り込んだ部屋には、赤富士がありまして、
そちらは内側に秘めてるマグマのエネルギーを感じる。
白化粧した青い富士山とはまた違う富士山でした。

見れてよかったー(≧∀≦)!!!

買えてよかったと言えんところが庶民発言ですが^_^;)
富士山というモチーフをほんと素敵にステンドグラスランプに昇華されてる!
この発想といいますか、アイデアが浮かぶこと、それをカタチしていくこと、
素晴らしいっっ!!
ここ数年、ハンドメイドでイベントとかに参加することになって、
学生時代さながら、人様の才能に出会い、作家さんとお話する機会が増えてて嬉しい♪
ええもんに出会えて幸せや〜(o´∀`o)


オルゴールの森美術館を後にして向かったのは、久保田一竹美術館
絶対に行きたかった場所のひとつです。1冊の図録が実家の母の本棚にありまして、
「一竹辻が花染 久保田一竹展」というやつなんですが、1982年となっているので、
巡回展とかで神戸の百貨店に来たとかやと思うんです。
その図録でしか見たことのない、久保田一竹先生の着物。
なんともいえない色と色の組み合わせ、グラデーションに、子ども心に感動〜。
その図録、触ると怒られてたから、余計、神秘の世界ですよね^^;)

そんなことも忘れてた昨年、
今須先生の展示会に行かれた後藤宏子先生の河口湖スナップの中に、
「一体、ここはどこ?」っていう門の写真が。

久保田一竹美術館

その画像からググって、久保田一竹美術館の存在を知ったんですねー。←遅いわ(笑
ってことで、久保田一竹美術館。ここはバリですか?ガウディのグエル公園か?
お庭が紅葉してまして、置いてあるベンチも景色にすっかりなじんでて、

紅葉する久保田一竹美術館の裏庭

澄んだ水が流れる沢のまわりにわさびの葉が可愛らしく、
きっと作家さんの好きなものに囲まれたとこなんやろなあ〜なんて
想像しつつの素敵な空間でした。

紅葉する久保田一竹美術館の裏庭

そして目のあたりにした一竹辻が花染め。す、すごい・・・素敵すぐるっっ(≧∀≦)!!!
残念ながら、子どもの頃に図録で見た「落陽」とか「清姫」の連作を見ることは
出来なかったんですけど、淡い色の幽玄な世界と樹海が広がる富士山の着物に、感動!!
微妙な彩りあふれる日本の伝統色の世界、楽しめました〜^^)


明くる日は箱根へ。
実は今須先生の展示会以外はノープランに近かったので、前日に「ドコイク?」状態w
ググったらなんと、ラリックの美術館があるやてー?!
チフーリの展示がある美術館があるやてー?!
みたいな^_^;) どんだけなんも調べんと長距離ドライブしとるねん(爆

ってことで、箱根ラリック美術館へ。

箱根ラリック美術館

これまたここも素敵なところでして、半券があれば当日は何度でも入れるとのことで、
クルっと回って美術館に併設されているカフェでお茶。
オリエント急行のお茶は入場券よりも高くて、外から見るだけで断念^_^;)

オリエント急行の車両|箱根ラリック美術館

そして収蔵品もたくさんありまして、アクセサリーもけっこうあって、
素敵っっ^^)^^)^^)
シャンデリアといい、金具の細部にわたったデザインといい、ラリック〜〜〜っっ!!!

箱根ラリック美術館でのんびりしてしまいまして、昔、神戸市立博物館でみて感動して、
2回も見に行ってしまったデイル・チフーリの展示室があるという、
箱根ガラスの森美術館へ行くのは断念T_T)
あの時の神戸市立博物館の展示はほんま素敵なレイアウトやった。
部屋いっぱい、足許にも天井もやったかな?チフーリの作品で回廊が出来てて、
ぜひもう1回やってほしいっ!!!

箱根の道は、カーグラフィックで何度も見てて、素敵なとこやなあ〜って思ってて、
結局、そのカーグラフィックの撮影してる道へも行けなかったのと、
やっぱ関東方面はすごいね、関西にはないこの収蔵品の数々と特化した美術館。
リピしたいって思いました^^) ってことで来年持ち越し♪

自分へのお土産、一竹とラリックの図録

ちゃっかり図録をgetして、帰路へ。
行きは東名やったんでそうは思わんかったんですが、新東名、すごいねー!!
すんごい走りやすい。つか、スピードわからんようになるね、気いつけんと。

と、ここまで書いて、なんだか私の趣味連続のドライブ旅行みたいですが、
しょっぱなに向かったのは、ここ↓

エアーパーク|航空自衛隊浜松広報館

航空自衛隊浜松広報館です^^;)
常に、乗り物機械モノをおさえてくるダンナさんw

アフターバーナー

でもって嫁が美しいっっ!!と写真におさめたのは、エンジンのアフターバーナー(笑

航空自衛隊浜松広報館、何世代か前の自衛隊機ですけど、制服を貸してくれて、
コックピットに乗り込むことも出来るので、飛行機好きにはたまらないかも?です^^)
お土産物ショップには、ピンバッチやグッズも充実してて、
海上自衛隊阪神基地や舞鶴基地のショップもこれくらい充実しててよん〜と思った次第w

ローングドライブ、充実の秋の三連休だったのでした^^)

追記(11/7):
実はデジイチを持ってたこともあって、お客さんのひいた時に
今須先生の撮影許可をもらって撮れた1枚があったんですけど、
それをネットで公開してもいいよっていう許可までいただけました(≧∀≦)!!
白化粧した青い富士山は撮影出来ずで、赤富士だけなのですが、
その美しさ、伝わりましたでしょうか〜?
反対側はオレンジから赤へと変わる美しいグラデーションになっています。
興味のある方はぜひ!オルゴールの森美術館へ行って見てみてくださいねー♪

赤富士のステンドグラスランプ in オルゴールの森美術館|今須智哉




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コウノトリ但馬空港フェスティバル2013 [drive&travel]

但馬空港フェスティバル2013|F−15

コウノトリ但馬空港フェスティバルっていうイベントに初めて行ってきました。
兵庫県に住んでると、滅多と、というか、戦闘機を見るってのは皆無です。
F−15がくるってことで、但馬空港にはたくさんの人が集まってました。

但馬空港フェスティバル2013|F−15 アウトバーナーちう

にしても、飛行機の撮影って無理ーっっ!! 初心者にはハードル高すぎっっ!!!
デジイチ持ってらっしゃる方々は皆さん慣れてらっしゃるというか、
なんですか?その装備は?って感じで、どんだけ長いのっていうレンズが付いたカメラに、
けっこうな大きさの脚立、そして、無線機?!
すんごい写真が撮れるんやろうなあ〜みたいなあ〜なんて思いつつ^^;)

しかし、この空飛ぶ乗り物イベントって、見に来て大正解っ!!
すんごい楽しかった^o^)/

但馬空港フェスティバル2013|ワコーの飛行機

スミソニアン博物館収蔵の1000枚以上の図面から現代に復刻させた紅の豚のような飛行機や、

但馬空港フェスティバル2013|ウイスキーパパの飛行機

くるんくるんと回る飛行機、

但馬空港フェスティバル2013|陸自のヘリコプター

陸上自衛隊のヘリコプターの訓練の様子や、グライダーとかプライベートジェットとか、
空飛ぶ乗り物盛りだくさん!!

なかでも超感動、スッゲー!!!! って思ったが、チーム・ヨシ ムロヤ。

但馬空港フェスティバル2013|ヨシ ムロヤの飛行機

どんな三半規管持ってるの?! くるんくるん回る回るー!! 横に飛んでるー!!
ジグザグに飛んでるーっ!!! 飛行機がホバリングしてるーっ!!!
さっきまでの演技とまるで違うんですけどっっ!!!!
飛行機ってこんなこと出来るのー???!!!

但馬空港フェスティバル2013|ヨシ ムロヤの飛行機
但馬空港フェスティバル2013|ヨシ ムロヤの飛行機

エアロバティック飛行っていうのん自体、生まれて初めて目の当たりにしたんやけど、
凄かった。アジア人初のレッドブルエアレーサーという室屋義秀氏。
ほんま、その技を肉眼で見れてよかったと思いました^^)
Tシャツにサインまでしてもらって、記念写真も撮らせてもらったんですが、
室屋さん、気前のいい男前さんでした^_^)

但馬空港フェスティバル2013|室屋義秀氏



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

初の長崎旅行その3|軍艦島 [drive&travel]

長崎旅行|軍艦島

長崎旅行3日目は、軍艦島クルーズへ。
ごっつい快晴なのに、海は荒れまくってまして、
どこぞのアトラクション並の揺れ!揺れ!揺れ!!

あまりの波の高さのため、上陸は無理かもーって話やったんですが、
なんとか上陸〜。よかった〜。

長崎旅行|軍艦島

長崎旅行|軍艦島

長崎旅行|軍艦島

リアルタイムで朽ちていく人工島。青空の下の廃墟は圧倒的な存在感でした。
まだ人々が住んでいた時の軍艦島を想像してたら、ジブリで脳内変換してしまったよ。

船酔いせんようにと、センパアを飲んでいったんですが、





これがまた効く効く。それでも、軍艦島のドルフィン桟橋に着くのが後30分遅かったら、
吐いてたかも。それくらい、すんごい揺れやったのです。吐かずにすんでよかった!

帰りの船では爆睡。ところが、陸に着いても意識朦朧。
センパア、初めて飲んだもんだから、副作用めっちゃきたみたいで、
猛暑が重なったんもあるんだろうね、午後から観光なんて全然出来ない状態。
スタバで爆睡、空港に移動しても、ラウンジで爆睡。
帰りの電車も家帰ってからも爆睡でした^_^;)

初長崎は大満足。特にフルーツバス停と軍艦島に行けたのはよかった!
坂の街は写真撮るのにええとこいっぱいやった。でも暑さに負けたかな^^;)
ミルクセーキのかき氷、2回も食べてしまったし、ちゃんぽんは3回食べたのでした^^)
タグ:長崎 軍艦島
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初の長崎旅行その2|グラバー邸ほか稲佐山からナイトビュー [drive&travel]

長崎旅行|大浦天主堂

2日目はお約束の長崎観光ってことで、路面電車の一日乗車券を購入し、
大浦天主堂へ行ったり、

長崎旅行|亀山社中近く

亀山社中へ行ったり、眼鏡橋まで降りてきて、ハートの石をみつけたり、

長崎旅行|眼鏡橋近くのハートの石

と、歩く歩く。そしてなんで夏の長崎へ来ようとおもたんや?
来年は港町でも函館にするぞ!と話ながら、歩いた歩いた(笑

 alt=

夕暮れが来る前にグラバー邸に移動して、

長崎旅行|グラバー邸暮れかけ

暮れていくさまを、

長崎旅行|グラバー邸暮れていく

写真におさめてました。
ええ、ハートの石もバッチシgetです^^)

長崎旅行|グラバー邸のハートその1
長崎旅行|グラバー邸のハートその2

洋館というのはどこもかしこも絵になりますね^^)

長崎旅行|グラバーガーデンにて

前日にみた夜景は、稲佐山より。
坂の街はどこもかしこも素敵すぐるっっ!!!!

長崎旅行|稲佐山からの夜景
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初の長崎旅行その1|小長井のフルーツバス停と雲仙普賢岳 [drive&travel]

長崎旅行|フルーツバス停 メロン

「私はフルーツバス停に行きたいっっ!!!」

そう叫ぶ私の意見はギリギリまで却下されてたんだけれど、
そこは優しいダンナ様、雲仙普賢岳に向かう前、長崎空港から直行で向かってくれたのが、
諫早市小長井というところにあるフルーツバス停^^;)

旅行先が長崎と決まってから、ちょこっと観光案内なんぞググってみたところ、

http://daizukan9.blog63.fc2.com/blog-entry-794.html

↑こちらのブログを発見!!
思わず、グーグルストリートビューでほんまにあるんか確認までしてしまい、
そしたら行きたくなってしまった^^;)
雲仙普賢岳とは方向は違うってことで却下されてたんだけれど、
ググるさんによると、干潟をまたぐ道があるのを発見!!
全部のフルーツバス停をまわるのは無理やけど、行ってもいいよって話になったのです。

というわけで、そのフルーツバス停。

長崎旅行|フルーツバス停 スイカ

最初にでてきたのは、スイカー!!!向かいの道にあったんで、帰りに寄るぞ!ってことで。

長崎旅行|フルーツバス停 いちご

そして、冒頭のメロンのバス停の向かいにあったのが、いちごー!!!!

長崎旅行|フルーツバス停 トマト

トマトも可愛いーーーーーっっ!!!!

長崎旅行|フルーツバス停 みかん

みかん?グレープフルーツ??
ちょうどバス停前にベンツが止まってて、真っ正面から撮れず・・・(泣;

テーマパークでもないのに、突如現れるフルーツバス停。
マジでわが町にもあったらええのに〜って思いました^^)
すっごい出来がいいんよね。手入れしっかりしてあったらなー。
なんて惜しい観光資源を持ってるんだろう!!!長崎っっーーーーっ!!!!

FBで長崎旅行の写真をアップしたら、一番反応多かったのが、
このフルーツバス停でした^_^;)

そしてそもそもの目的地、雲仙普賢岳へ。

長崎旅行|雲仙普賢岳

海側にある、雲仙岳災害記念館へ。
火砕流の体験シアターや、実際の報道カメラ等を目の当たりにすると、
どんだけすごい災害やったんや・・・と。

長崎旅行|雲仙普賢岳

もう芝生のように緑色になり始めてて、ぽこぽこっと濃い緑の固まりがあるところが、
火砕流で流れていってグレーになってたところです。
噴火以前の風景と全く違ってるっていうのん、ほんますごい・・・・
山のかたち、全然ちゃうし・・・
自然の脅威を改めて体感できる、雲仙普賢岳でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりの京都(二条城、先斗町、永観堂) [drive&travel]

「京都行こか?」

ダンナは思い立ったら吉日タイプなので、めちゃくちゃ忙しいさなか、京都へ。
仕方ないよね、GWは私のイベントに付き合ってもらって、
休みらしいことはしてへんかったし^^;)
関西圏在住やと何がいいって、いつでも気軽に京都へ行けるってこと。
この「いつでも」ってのは、遠出の旅行やったら、
あっち行ってこっち行ってと観光名所を行けるだけ行くぞ!になるんですけど、
今回は前情報ナシでとにかく街歩きw 普通に生活してる町家をみてみたいって感じで。
そして観光地も、スマホで検索してその場で決めて行く・・・みたいな^^;)

なので、脈絡ナシに写真撮ってました。
京都はどこでも絵になるし、姉小路あたりをぐるぐる歩いてたら、
素敵なお店がいっぱい! 個人経営の趣味のお店とか、
チェーン店でも「関西では京都しかない」とか、そういうのんって楽しめますよね。

というわけで、京都写真が以下続きます。

京都タワー
この日の気温は31度!! 初夏通り越して夏だよ、夏って感じ。

二条城
徳川家〜って感じがしたんですよ、この屋根の飾りw

二条城の白い壁
気持ちいいくらいの白と青でした。

撮影禁止の御殿の中、とっても素晴らしい欄間に感動!!
天井もテーマごとにデザインが違っていて豪華〜。
思わず2周してしまった^^;)

夜は高瀬川あたりをブ〜ラブラ。

高瀬川〜先斗町あたり
夕暮れ時はネオンが水面に反射して綺麗〜。

高瀬川〜先斗町あたりの提灯の灯り
都おどりの提灯があちこちの店の軒先に飾ってあって、風情ある雰囲気になってました。

京都の路地裏
どことっても絵になるんですけど〜。路地裏が生かすっっ!!

あくる日は、永観堂へ。借景で有名なお寺に行ってみようと。

永観堂の装飾
ぞうですよね?ぞうが彫刻されてる寺って初めて見たかも。

永観堂内のコケむした崖
緑が鮮やかです。木魚蛙がいるらしいんですが、見つけれず。

永観堂の階段 昇り
思わず写真撮ってしまった流線型の木の階段。

永観堂の階段 下り
下り方向に見た階段。

永観堂の多宝塔をのぞむ
紅葉が赤く彩る季節は素敵でしょうねえ〜。
でも、この緑の世界も素敵でした。

永観堂、当日思いついていったんですけど、行って正解でした^^)
帰りは哲学の道をフルに歩き、なのに定番の銀閣寺は次回に見送り(笑)、
というのも、デジカメのメモリが足りなくなったからってのもあるんだけど^^;)、
バスに乗って京都駅へ戻ったのでした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

吉野山の千本桜 [drive&travel]

吉野の千本桜

初めて吉野山の千本桜を見に行ってきました。
神戸から2時間弱、7時40分に現地に到着したんですけど、
すでに車は何台も入ってましたね。
早起きして行って正解♪で、15時頃に駐車場に戻れたんですが、
まだまだ空き待ちの車列で渋滞していました。

行ってよかった^^)♪ とても綺麗でした。
そして、ちょっとしたハイキングコースって感じなので、
いい運動になりました^^)b

では、画像をいくつかまとめてアップします♪

吉野の千本桜
↑上千本からだったと思う。まさに桜の里って感じ♪

吉野の千本桜


吉野の千本桜
↑これもシャトルバスが着いたところの空。桜もちょうど満開でした。

吉野の千本桜


吉野の千本桜
↑このショットはカメラ持ってるヒトは皆、シャッター切ったかも?!
お土産物屋さんの入り口やったような。

吉野の千本桜


↓桜とちゃうけど、石の壁もいい具合にコケむしてたんでパシャッ!

コケむした石垣

コケむした石の壁

ええ感じやと思いませんか?
って、道行くヒトに「何撮ってんねん?」って感じで見られたんですが(汗;

他の花も綺麗な色を魅せてくれてました。↓

木蓮 吉野山にて
木蓮

水仙 吉野山にて
水仙

たんぽぽ 吉野山にて
たんぽぽ

椿 吉野山にて
椿

こういうあまり見る機会のないお供え?オンパレードなシーンも^^;)↓
よしみず神社にて

やっぱ、桜はいいですね♪
帰りのシャトルバスから風に吹かれて花びらが舞っていく姿も見れて、
日本に生まれてよかった〜♪と幸せ感にひたれたのでした^^)

吉野山の千本桜
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

正倉院展&平等院鳳凰堂 [drive&travel]

第63回正倉院展

昨年に引き続き、今年も正倉院展に行ってきました。
さすが国宝、金銀鈿荘唐太刀、よくもまあこないに綺麗に残ってるもんだわ〜。
こないに綺麗なものを1000年以上前に作ったヒトがおるってことにびっくり!!
いろんなものに使われてる紋様がとっても綺麗でした。色々と参考になる〜。

上のチケットに使われている画像は、紅牙撥鏤尺。染めた象牙の物差しだそうです。
ミュージアムショップにグッズが売られていて、

正倉院グッズのものさし

なんと目盛りに、一寸と一尺があるんですよねえ〜♪
日本人に生まれながら、一寸も一尺もどれくらいの大きさか知らなかった私;;
お土産にまとめ買いしちゃいました^^;)

平等院鳳凰堂

奈良国立博物館をでてから、車で24号線を走り、平等院鳳凰堂を目指しました。
そう、10円玉の絵のところです。

平等院鳳凰堂拝観チケット

あいにくの雨でしたが、ぎりぎり最終の拝観に間に合いました。
平等院・・・まさに極楽浄土の世界っっw
CGで再現された極彩色、見事な螺鈿細工、天蓋の透かし彫りの見事さ・・・
す、すごい・・・

それともうひとつ、平等院ミュージアム鳳翔館が現代建築で,
とっても素敵な空間になっていて、平等院、見応えあるわ〜。
拝観の際の説明してくれる方のしゃべりもよかったし^^)

ほんま、国宝、一見の価値ありです!


よみがえりゆく平等院 新資料で再現する平安の美 (学研ビジュアル新書)

よみがえりゆく平等院 新資料で再現する平安の美 (学研ビジュアル新書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2011/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊根の花火 [drive&travel]

お盆休みが丸々仕事やったダンナさん、夏休み気分を味わいたいとの事で、
京都・舞鶴方面に向かって車を走らせ、伊根というところに行ってきました。
「舟屋」という珍しい建築が湾の周りを囲むように建っていて、
1階は海がそのまま家の中に取り込まれてて船揚場になっています。

伊根の舟屋 すぐそこは海
↑伊根の舟屋 家の中半分が水辺。

伊根の舟屋 夕暮れ時を向こう岸からみたところ
↑舟屋が並ぶ風景。

舟屋が入って海に花火が映り込んでいるショットが撮れればよかったんですけど、
16時過ぎに着いて、すでにベストポイントは三脚だらけでした^^;)
というわけで、普通に花火を見ました。
花火を現場で見るのは、ごっつい久しぶりで、音といいスケールといい美しさといい、
ほんと綺麗だった!! こじんまりしてて、そんなに人も多くないってのもよかった^^)
肉眼で見たいからファインダーのぞかずにシャッターきってた時も多々あって、
不思議な花火写真が撮れました。なかなかタイミングって合わないねえ〜^^;)
画像大量にUPです。

伊根の花火 2011年#1
↑溢れる色の世界。

伊根の花火 2011年#2
↑いわゆる花火!って画像にはみえないんだけれど、けっこうお気に入り。

伊根の花火 2011年#3
↑夏の星座が輝く夜空の中に赤く輝く花火、浮かんだのはシャア^^;)

伊根の花火 2011年#4
↑少し低めの位置での連発花火は、花束に見えました。

伊根の花火 2011年#5
↑これも可愛らしい形で撮れててお気に入り。

伊根の花火 2011年#6
↑おじさんのシルエットのおかげで、花火のスケール感が伝わったかも?

伊根の花火 2011年#7
↑迫力の美しさ

伊根の花火 2011年#8
↑色とりどり〜!

伊根の花火 2011年#9
↑花火の重なり合う瞬間って、ほんとキレイ。

伊根の花火 2011年#10
↑美しいむらさき。肉眼でみてる時はこの色に気づいてなかったかも。

伊根の花火 2011年#11
↑トリプルのアイスクリーム

伊根の花火 2011年#12
↑ウニ!

伊根の花火 2011年#13
↑宇宙っぽく撮れた花火#1

伊根の花火 2011年#14
↑細胞ちっく。

伊根の花火 2011年#15
↑宇宙っぽく撮れた花火#2

「夏も終わるねえ〜。今日はよかったよかった^^) 来年はあの場所を確保しよう♪」

たった1日の夏休みを満喫したダンナさん。ほんと、おつかれさんでした^^)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長浜 黒壁スクエア [drive&travel]

「ステンドグラス館ってのがあんで!」

というダンナの一言で、週末のドライブ先は長浜に決定。
長浜に行ってきました。
大河ドラマを全く観てないので、長浜に来てびっくりした。
「江」ブームで、えらいにぎやかしい観光地だったんですね;;
すいません、新快速の終点やったっけ?ってくらいの認識しかなかったです;;

黒壁11號館 ステンドガラス館

虎や獅子、龍のすっごいパネルがあって、オリジナルのアイアンスタンドも素敵っっ!
(撮影さしてもらったんですけど載せていいか聞くの忘れたので現地で見てね)
たぶん同じデザイナーさんかな?と思われるライトが通りに並んでいて、

長浜でみたステンドグラスの街灯

これはあかりが入ったところを見たいっ!と思い、日が暮れるまで時間つぶしてしまいました^^;)

長浜でみたステンドグラスの街灯に灯りが入ったところ

他にもサンドブラストでお花が入ったランプの素敵な店とか、

ランプランプ

ステンドグラスが入った窓とかが、普通に店に使われてて、え〜なあ〜って思いました。

ほんでもって長浜のおもしろかったところ。それは看板です。
昭和?いやいやもっと前か?って感じの書体を使ったものが現役だったり、
新たにデザインされたと思われる看板たちが、ごっつい気合い入ってるんですよ。
なかなかここまで凝った看板を作らせてもらえるってないと思うんですよねえ・・
なのに、こういうところにオリジナリティ溢れてるって、おもしろいっ!! 魅力的っ!!
というわけで、長浜の看板集はコチラ↓

長浜 レトロな感じの書体の看板
長浜 オリジナリティ溢れる看板
長浜 オリジナリティ溢れる看板

長浜、なかなか、神戸からだと日帰りで楽しめる魅力的なところでした^^)

黒壁
http://www.kurokabe.co.jp/index.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - drive&travel ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。